【交通事故後に肩が痛いのはなぜ?原因や治療の流れを解説】

             
日・祝日
10:00-22:00 10:00-15:00

新着情報

【交通事故後に肩が痛いのはなぜ?原因や治療の流れを解説】

2024.01.18

 

交通事故後に時間が経ってから肩が辛くなってくることがあります。

交通事故の後に時間が経ってから出てくる肩の痛みは何が原因なのでしょう。

肩が痛い原因やお悩みの対処法、交通事故治療の流れなどを解説します。

 

■交通事故後に肩が痛い原因

 

交通事故の際は首や肩の周辺に力や衝撃がかかってしまうことで「むちうち症」になることがあります。

むちうち症とは、交通事故の際の力・衝撃で首が鞭(むち)にようにしなってしまい、首やその周辺を痛めてしまうことを言います。

 

むちうち症の特徴は交通事故から時間が経ってから痛みが出てくるところです。

交通事故後に「肩が痛い」「首とその周辺が痛い」という場合は、むちうち症が原因になっている可能性があります。

 

むちうち症が原因の場合、痛みの他に不調も出てくることがあります。

 

・吐き気がする

・めまいがある

・腕などに痺れがある

・体のだるさや眠気が取れない

・耳鳴りが続いている

・交通事故後に頭痛が続いている

・交通事故の後に集中力が続かない   など

 

交通事故後に肩や首の痛みが出ている場合や、痛みと併せて上記のような不調に悩ませられている場合は、体の状態に合わせた施術を受けることが対処法です。

交通事故では日常の動作では痛めないような箇所にダメージを受けてしまうことも多く、放置すると機能障害や2次的障害(肩こりや腰痛など)に繋がることも少なくありません。

痛い肩や首をかばうことで、他の部位にも痛みは不調が出てしまうこともあります。

放置が続くとそれだけ状況は悪化すると言えるでしょう。

痛い首や肩を改善するためにも、早めに交通事故治療を受けることをおすすめします。

 

■交通事故後の治療の流れ

 

痛い首や肩といった交通事故の際の治療をするためには、まずは病院(整形外科など)を受診します。

交通事故の際に「外傷がないから」と病院を受診しない方もいます。

交通事故から日数が経ってから首や肩の痛みが出てくることも多いため、しっかり病院を受診し、医師に診断書を受け取っておくことが重要です。

仮に外傷などがある場合は、医師に診察や検査、処置を受けておきましょう。

また、医師に整骨院での施術について相談し、「整骨院での施術が必要」という診断を受けたら当整骨院へお問い合わせください。

その後の流れは次のようになっています。

 

1.当整骨院でカウンセリングを行う

2.体の状態に合わせて施術する

3.次回のご予約

 

カウンセリングでは交通事故のことや痛み、不調について確認します。

触診によって実際の体の状態もチェックします。

気になっていることがあれば何でも話してください。

 

カウンセリングの後に施術という流れになります。

交通事故治療の場合、基本的に鍼灸・接骨施術が中心です。

体の状態に合わせてこれらの施術を組み合わせて行います。

 

肩が痛いなど交通事故の際の痛み・不調は、ある程度長期的なものになります。

施術後に体の状態の説明や、次回の予約などを行うという流れです。

 

■最後に

 

交通事故の後に肩や首が痛い場合は、放置していても改善は難しいと言えるでしょう。

それに、痛い首や肩などを回復させるためにも、早めの改善施術が重要です。

 

札幌市の当整骨院は交通事故治療に力を入れています。

交通事故後の痛みや不調の改善なら、田中峻鍼灸整骨院にお任せください。

カテゴリー